(1922年9月21日誕生)
 

基隆中学を卒業後、1939年(昭和14年)台北高等学校入学。
1942年(昭和17年)4月同校卒業後、、東京帝国大学法学部に入学。

東京帝国大学YMCAを宿舎とする。
1944年(昭和19年)9月1日、学徒出陣。
1946年(昭和21年)「新生台湾研究会」に参加。

1946年(昭和21年)浦賀港から台湾に帰る。

戦後台湾に帰国後、延平大学の準備作業に参加。
1946 年 12 月 26 日、劉慶理氏と台北市の中心にあった中山基督長老教会結婚。
1965〜
1972年に国立台湾大学図書館に転校。国立台湾大学図書館学部長に就任。
1972年、アメリカに渡り、ハーバード大学燕京図書館に転籍、1978年から1995年まで副所長。 

台湾にいた時は台北和平基督長老教会 の長老で、
ボストン台湾基督教会でも長老を勤め、現在はその名誉長老となっ
ている。


坐擁書城 : 頼永祥先生訪問紀録』には様々な方面にわたる膨大な記録が保管され、
台湾研究、神学研究にとり貴重な宝庫になっている(ネットでの検索が可能)。
 

 邱にとっては、台北高等学校ならびに東京帝国大学(法学部)の先輩。
 大学を卒業し、台湾に帰ってから、とともに私立、延平学院の設立に奔走。

 頼の結婚式に、当時、華南銀行に勤務していた邱が出席している。

  また、頼がアメリカに勤務したハーバード大学燕京図書館には邱の著作も多数、保存され、
 邱が不動産投資のため米国を訪ねた時、頼は邱を案内している。

(参考)『
坐擁書城 : 頼永祥先生訪問紀録』